肌荒れの原因になりやすい食事

肌荒れの原因になりやすい食事

肌荒れの原因になりやすい食事にはどんな食べ物

肌荒れの原因になりやすい食事を紹介して、問題点や対策法を探ってみます。肌荒れになるということは、皮膚にとって欠かせないビタミンや潤い成分が不足していること意味しています。野菜嫌いが影響してビタミンCが不足すれば、メラニンの色素沈着を進めてしまうため、シミが発生しやすくなります。ビタミンAが不足すると、傷ついた皮膚を再生するための働きが弱くなります。

 

肌荒れをする人は、大抵の場合は極端に偏った食事をしています。食物繊維やビタミン類が少なくて、脂肪分が多い食べ物ばかりを食べる傾向があります。炭水化物の摂り過ぎがいけないというよりも、おかずに揚げ物や肉料理が多すぎることが問題です。また、栄養価が乏しいジャンクフードも肌荒れ予防のために良くない食べ物です。

 

食物繊維が不足すると便秘になりやすくなり、体の中に余計な老廃物がたまりやすくなります。便秘はニキビの症状を悪化させる病気ですから、主菜と副菜のバランスが取れた食事をして未然に防ぐことが大切です。主食を白米として、おかずの品目数が少ないことも肌荒れの原因となります。主食を白米から麦飯に変えるだけでも、食物繊維やビタミン、ミネラルの摂取量を大幅に増やすことができます。

 

 

そばかす 消す

乾燥や吹き出物などの肌荒れを起こしてしまう方も多いのではないでしょうか。肌荒れは痒かったり痛かったりなどの不快感を伴ったり、見た目が悪かったり、化粧のりが悪くなってしまうなどの嫌な面が多いです。そこで、肌荒れをしにくい体質にするよう基本を見直しましょう。特に気を付けて欲しいポイントが二つあります。
一つ目は「食生活」です。肌を整えるのにはビタミンが大切です。よく「甘いものを食べすぎると肌荒れをする」と言われますが、これは、甘いものに含まれている糖分がビタミンを分解するためです。したがって、油っこいもの、甘いもの中心の生活を改め、ビタミンを含む野菜も積極的に食事にとりいれていきましょう。
二つ目は「お手入れの方法」です。肌荒れは、肌の乾燥からおこるものが多いです。油性肌だから保湿はしないという方もいますが、実は乾燥していて、その乾燥を防ぐために過剰に油分を出している状態かもしれません。面倒だからと寝てしまわずに、顔を洗ってから、化粧水、乳液をつけましょう。化粧水や乳液はチビチビ使わずに、たっぷり使用量を守ることが肌荒れ改善への近道です。
食生活、お手入れ方法の基本を見直すことで、肌荒れ改善をしていきましょう。

 

若返りサプリ

続きを読む≫ 2015/03/10 12:22:10

ホーム RSS購読 サイトマップ